読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

of the bass, by the bass, for the bass

とあるバサーがつきぬけるまでのブログ

フィッシングショーのすすめ

f:id:tukinukeroman:20170122215637j:plain

いってきました。

すごく混んでて全然見れないという状態ではないものの、人は多くて日本の釣り業界も捨てたものじゃないなとまず思いました。

さて、まずは友人ぼんどんさんの依頼のジャッカルの新製品「スパイテール」とデラボールのフィッシングショー限定カラーを目指してグッズコーナーへ

f:id:tukinukeroman:20170122220337j:plain

しかし、私が会場に着いたのは12時半頃。とっくに売り切れておりました。(笑)
どうやら会場後わずか5分で完売したそうです。

ので、代わりにジャッカルのシールを買っておきました(笑)


その後しばらく、フィッシングショーの歩き方がよくわからずに会場内をぶらぶら


そしてようやく川村光大郎さんのキャスティング講座に落ち着きます。

f:id:tukinukeroman:20170122221023j:plain

これがとてつもなく勉強になりました。本当に勉強になりました。次回釣行の際に自分のキャスティングの大幅修正が確定しました。


その後、リューギブースにてオリキンさんと
f:id:tukinukeroman:20170122221936j:plain

ダイワブースにて川口直人さんと
f:id:tukinukeroman:20170122222004j:plain

それぞれ写真を撮ってもらい、サインも頂きました。

オリキンさんはサインの中にオリカネムシが
f:id:tukinukeroman:20170122222228j:plain

川口直人さんは「オートレースLOVE」と
f:id:tukinukeroman:20170122222300j:plain

それぞれ個性的で面白いです(笑)


なんかこんな風にサインをもらったりするのって中学の時に大阪ドームプロ野球選手に試合前にサインねだったりするの以来で新鮮でした。(笑)


その後はフィナの抽選会に参加したり、偏光グラスの情報収集したりと楽しめました。


フィッシングショーは本当に色々な情報が得られる貴重なイベントです。
実際、オリキンさんや川口さんには写真とサインだけでなく、話も割りとしっかりできたので弁慶堀や来たる高滝湖チャレンジへのアドバイスを直接貰えたりもしました。こういうことはフィッシングショー以外では滅多にないことだと思います。

そんなわけで大満足な1日でした。

皆さま、来年のフィッシングショーでお会いしましょう。

ではでは