細男とバス

The Thin Man and the Bass

11/28 四ツ谷池、小貝川

最近仕事が暇になってきました

半導体関係の仕事なのですが、インフレによる鈍化に加えてアメリカの中国への輸出規制

在宅の日は弛みまくってしょうがないです

来年のボーナスが心配です

 

 

そんなわけで平日有休釣行

この時期になると釣れそうな気がする四ツ谷池へ


f:id:tukinukeroman:20221129184953j:image

減水してポイント絞りやすそうな雰囲気に度々魅了されるのですが、今までバスを一本も揚げてないフィールドという…

今回は平日釣行で貸切状態を思い描きながら向かったのですが、狙いたいポイントはヘラ師が既に陣取っておられました

到着した7時前時点で気温5℃という激寒コンディションにも関わらず

ヘラ師の本気度が伺えました

 

 

仕方なくその他エリアをメタルバイブメインでランガン

リフト&フォールに反応がないのでタダ巻きに変えてしばらくするとぬたーっと重くなる生命感

 

 

期待を持って慎重に寄せてきたのですが


f:id:tukinukeroman:20221129185508j:image

良型のフナでした

 

 

メタルバイブってバスよりフナの方が釣れる気がするのは私だけでしょうか

大体私がメタルバイブで釣るのはフナです

 

 

その後、ぐるっと一周して反応なく釣り飽きたので小貝川の数少ない実績エリアである杉下のテトラ帯へ移動

 

 

しかし、ここも肝心のポイントは数多のヘラ師がポジショニング

完全にヘラ師を見くびっておりました

一応軽くやりましたが反応得られず

 

 

 

帰りに綾瀬川にも立ち寄ってみましたが、異常なしでした

 

 

 

今年はもうバス釣れる気がしません笑

11/4 室生ダム

前日に友人の結婚式で帰省

子どもが生まれて初の単独帰省

友人(結婚式する友人とは別人)に有休を取ってもらって久々に関西のフィールドへ

 

向かったのは室生ダム

 

まずはかの有名な自販機で入漁券を購入します

f:id:tukinukeroman:20221105165757j:image

 

自販機にはワームもお菓子も売ってます
f:id:tukinukeroman:20221105163308j:image

 

とりあえず入漁券を購入
f:id:tukinukeroman:20221105163129j:image

日付が記載されてないのは大丈夫なのか…

とりあえず記載された爆釣フラグを信じて釣り開始

 


f:id:tukinukeroman:20221105163642j:image

お互いフィールド知識乏しく、まずは入漁券を購入した近くからエントリー

 

 

戦果はバイブレーションをロストしたのみ

 

 

移動して下戸橋下へ

有名なポイントとの記載はありましたが、急斜面でエントリーするのに一苦労

 

魚っ気がまるでございません…

戦果はくっつき虫が身体中にくっついたのみ

 

 

コンビニで休息を挟み、ここで真面目に室生ダム研究

 


f:id:tukinukeroman:20221105164112j:image

オリキンチャンネルでシャッドで連チャンしてるこの景色を探す旅に出まして

 


f:id:tukinukeroman:20221105164137j:image

辿り着きました

あとはここでシャッドを投げ続けて爆釣フラグを回収するのみ

 

 

友人はこだわりの鱒レンジャーというコストパフォーマンス特化型トラウト用グラスロッドでシャッドを投げ続けますがシャッドのロストを繰り返す体たらく

 

 

私もオーバーキャスト時に上の木に引っ掛けて再生不可能レベルのバックラッシュでベイトフィネスタックルを葬る有様

 

 

あれこれ手を尽くしましたが、結局ここでも魚っ気を感じることが出来ず戦意喪失

 

 

地元で酒に流すことにしちゃいました :P

 

 

ハイシーズンに来たかったな…

10/22 綾瀬川 久々の釣果

6月から綾瀬川で釣りをするようになり、最初の2回の釣行でクランクであっさり釣果が得られたこともあり、マキモノオンリーでシーバスもあわよくば狙うスタイルでその後ちょこちょこ足を運んでたのですが、まったく釣果が得られない状態が続いておりました

 

 

今月頭にフィネスの封印を解いたことでようやく魚の反応を得ることが出来ました


f:id:tukinukeroman:20221026195734j:image

魚種は違いましたが…

 

 

そして先週末ダウンショットやる気満々で再び綾瀬川

 

最初のポイントで
f:id:tukinukeroman:20221026195945j:image

すぐ釣れました

でもまったく釣った気にならないおチビちゃんでした

 

 

 

2つ目のポイントは水質がかなり悪そうで案の定不発

 

 

 

別のポイントへ移動してテクトロ


f:id:tukinukeroman:20221026200210j:image

キーパーサイズが釣れてようやく釣った気になれました

 

スモールはサイズの割に引きが強くてファイトが楽しいですね

 

 

一定の満足感が得られたので早々に退散

 

綾瀬川が丁寧に釣ればしっかり答えが帰ってくるフィールドで安堵しました

 

 

やはりライトリグは偉大である

 

 

〈ダウンショット〉

ロッド:ブレイゾン 632LS (ダイワ)

リール:20 ヴァンフォード C2000S(シマノ)

ライン: エクスレッド 4lb (東レ)

ルアー:ドライブクロー2インチ (OSP)

カラー:グリパンチャート

フック:ホビット #3 (リューギ)

リグ: ダウンショット3/32oz

 

9/16 片倉ダム リンクス66SLJを使ってみた

久々に会社の有給が取れたので平日釣行

 

 

フィールドコンディション

最高気温 30℃、最低気温 20℃

台風が数日後に迫っている状況ですが、直近の天気は安定していて、この日は風も強くなくて久々に釣りのしやすい天気でした

朝一は薄めのウインドブレーカーがあって丁度いいぐらいでした

水温は23〜24℃台

 

もとよしボートより上流はアオコだらけで抹茶オレ色

もとよしボートより下流、田代方面は水色が安定していそうな見た目でした

 

最近意味があるのか疑念を抱いておりますが、一応タイドグラフチェック

この日は中潮

f:id:tukinukeroman:20220918082456j:image

 

 

実釣

もとよしボートから出船

平日釣行に胸を躍らせていましたが、期待とは裏腹に貧果となったのでササッと振り返りたいと思います笑

 

朝イチは上流方面へ向かってペンシル、チャターなどを流して行きましたが安定のノーレスポンス

 

 

下ってトンネル南付近でボイルに遭遇

 

カットテールノーシンカーを投げ入れて

f:id:tukinukeroman:20220918102149j:image

1st FISH  22cm (7:20)

 

その後は釣ったことのないフリーリグの練習

片倉バスには相手にしてもらえず

 

 

チョウシグチ方面のウィードエリアではウィード周りをハートテールで引くと40upが突進してきたが寸前で見切られるという事象発生

この日唯一のトキメキでした笑

 

 

田代方面で久々のミドストを始めて

f:id:tukinukeroman:20220918104144j:image

2nd FISH  20cm (9:38)

 

立て続けにいいサイズも食い上げバイトを拝めましたが、こちらはお約束のジャンプ一発バラシ

 

 

その後はテキサスでマットカバーを撃ったりハートテールやアラバマなどで夢を見ましたが追加フィッシュならず

 

結果的にノンキー2本という結果に終わりました

 

 

リンクス66SLJ

もとよしボートさんで現在フェンウィックのロッド無料レンタルキャンペーンを実施されています。

前回はハイエンドロッドのエイシスをレンタルして感動した私ですが、今回はミドスト用ロッドのリンクス66SLJを借りてみました


f:id:tukinukeroman:20220921085519j:image

 

ミドストをやること自体久々だったので最初はスピナベさんから借りパク状態の既存タックルであるブレイゾン641LS-G·Vを使って感覚を思い出し、その後に今回レンタルしたリンクスを使ってみて使用感を比べてみました

 

比較対象のブレイゾン641LS-G·Vはグラスコンポジットのロッドになります。

グラスロッドをミドストロッドに用いることがあまりメジャーではないかと思いますが、グラス特有のテーパーのおかげでラインスラックを叩くという振り子の操作がとてもやりやすかったりして気に入っています。

その一方でいわゆるミドスト用ロッドというものを今まで使ったことがなかったので今回レンタルしてみました。

 

リンクス66SLJはミディアムスローテーパー仕様でミドストのロッド操作自体はやりやすかったです。ガイドリングが大きめだったのもやりやすさに寄与しているように思いました。

ブレイゾンとの比較においては今回借りたリンクスは長さも長い分ラインスラックも作りやすいので若干やりやすいかなぁという印象

ロッド操作もグラスのブレイゾンはいい意味でのダルさがありますが、リンクスはシャープな操作感があって質がそれぞれ異なりました。

 

でも今回のリグに対しては少し硬かったかもです

サカマタシャッド4インチに1.4gのジグヘッドで今回使用したのですが、もう少し重いリグの方が動かしやすそうに思いました

今回のリグの場合、もう1段階柔らかいリンクス64SULJの方が最適かもしれません

 

リンクス66SLJはミドストの操作がしやすい調子、長さになっていて基本操作はしやすかったが、今回のリグではもう少し柔らかい方が使いやすかったかな、という感想です

 

その一方で専用ロッドに張れるぐらいのブレイゾン641LS-G·Vの有能さも再認識出来ていい比較体験になりました

 

 

本日の釣果タックル

〈ノーシンカー〉

ロッド:リンクス 61SULJ (フェンウィック)

リール:20 ヴァンフォード C2000S(シマノ)

ライン: エクスレッド 4lb (東レ)

ルアー:4インチカットテール (ゲーリー)

カラー:アオテナガ

フック:ダブルエッジ 1/0 (リューギ)

 

〈ジグヘッド〉

ロッド:ブレイゾン 641LS-G·V(ダイワ)

リール:18 フリームス LT2000S(ダイワ)

ライン: R18 フロロリミテッド 3lb (シーガー)

ルアー:サカマタシャッド 4インチ (デプス)  

カラー:シャンパンペッパー&ネオンパール

フック:プラスガードS 1.4g (デコイ)

 

8/28 片倉ダム エイシスレンタルしてみた

前回の不甲斐ない釣行のリベンジへ

ボート屋へ向うまでの道のりで稲光がめちゃくちゃピカピカしてたので到着後出船するまで待機等必要になることも覚悟しましたが、幸いボート屋へ到着する頃には雨も雷も収まり大幅な遅れにはなりませんでした

 

 

フィールドコンディション

最高気温27℃、最低気温23℃

シャワーレベルの雨が7時ぐらいから降ったり止んだりの空模様

途中ズブ濡れになり、Tシャツにカッパだけでは寒く感じる場面もありました(釣ったバスが温かった笑)

 

水温は出船時点で25℃台

笹川筋上流はアオコで基本覆われており、田代方面の方が水質がよかったです

 

ちなみにこの日は大潮でした
f:id:tukinukeroman:20220829153344j:image

 

エイシス 68SULP+J "Dragging Special"

今回はもとよしボートから出船

もとよしボートは現在フェンウィックのロッド無料レンタルサービス開催中


f:id:tukinukeroman:20220830080541j:image

 

リンクス66SLJを借りて現在スピナベさんから拝借しているブレイゾンのグラスロッドとミドストの使用感を比較してみたいと思ってましたが、先約ありで借りることが出来ず

 

無料レンタルサービスは諦めようと思いましたが、店主が「エイシスならあるから使ってみたら?」と提案してくれました

 

気に入っても買えないよと泣き言を呟いた私ですが、タダだし借りちゃいなよと店主の積極的提案のおかげでお借りさせていただくことに


f:id:tukinukeroman:20220830081315j:image


f:id:tukinukeroman:20220830081425j:image

 

ULクラスで68という長さにも関わらず感度は過去一クラスで、ソリッドティップによる視覚的な情報も多くてボトムのイメージがとてもしやすかったです

 

また、68という長さのおかげでラインスラックの調整もしやすくて、俺が欲しかったロッドはこれだと感じました

 

さすがにハイエンドの6万以上する竿なので自達は厳しい道のりですが、どうやらリンクスにも同じ番手のものがあるようなので欲しくなってしまいました

 

無料レンタルサービスの存在を知らずに少し前にリンクスの61SULJというロッドを購入してしまったので役目が被ってしまうのが悩みのタネとなりますが…

 

しかし、貴重な経験が出来たので店主には感謝のほかありません

 

実釣

前回はバンク際には目もくれず深場の地形変化を釣る(慣れてないくせに)というヘッポコストラテジーで凸に等しい内容になってしまったので今回は堅実にシャローを撃っていくことに

 

朝イチは笹川筋上流方面へ

まずはペンシルにコバッチィっぽいののアタックはありましたが安定の乗らず

 

続いてバックウォーター手前の橋脚

テキサスを落とすとラインがスーッ

フッキングは出来たもののファイト途中でスッポ抜け

バラシ屋モードは前回から継続中

 

まずは1尾釣って気持ちを落ち着かせるべくヤマミミズのネコリグ投入


f:id:tukinukeroman:20220830205148j:image

1st FISH  25cm (7:08)

少し気持ちが落ち着きました

 

しかし、笹川筋はアオコも多く水質があまり良くないのかその後が続かず

 

とりあえず偏光グラスを忘れたので桟橋に取りに戻って反対方面へ

 

 

そして豪雨に何度か遭って雨宿りを重ねながらトンネル南を経て田代方面へ

 

 

田代方面はアオコもなく水色もいい感じ


f:id:tukinukeroman:20220830205704j:image

2nd FISH 31cm (10:14)

1尾目と同じくヤマミミズで

 

エイシスでも釣りたくてDSを始める


f:id:tukinukeroman:20220830210139j:image

3rd FISH 26cm (10:29)


f:id:tukinukeroman:20220830210343j:image

4th FISH 28cm (11:03)

 

穂先は柔らかくて気持ちよく曲がってくれる一方でバットには力強さを感じられるロッドで、私のへなちょこフッキングでもバレない秀逸な竿で正直持って帰りたくなりました笑

 

 

エイシスでまだまだ釣りたい気もしつつ、ライトリグに少し飽きてきたので巻き物の釣りに変更

 

シャローフラットを巻き倒しましたが素敵な出会いはありませんでした

 

 

そしてまた豪雨

雨宿りがてらに衛士の沢へ


f:id:tukinukeroman:20220830211056j:image

5th FISH 26cm (13:09)

まったくトップに出る気配は無かったものの唐突に引ったくられました

今まで縁のなかったペンシルベイトでやっとバスを釣ることが出来ました

 

これで概ね満足出来たので、色気を出してジグで大物狙いで崩落後をやってみたりしましたがそんなに甘いわけもなく

 

ボート屋までの帰り道の途中にヤマミミズで一本追加して納竿となりました

 


f:id:tukinukeroman:20220830231640j:image

6th FISH 28cm (15:18)

 

普段握ることのないハイエンドロッドで釣りが出来て、数もそこそこ、トップでも釣れて楽しめました

 

また近々片倉に訪れる機会を虎視眈々と待ちたいと思います

 

タックルデータ

〈ネコリグ 1/32oz〉

ロッド:リンクス 61SULJ (フェンウィック)

リール:20 ヴァンフォード C2000S(シマノ)

ライン: エクスレッド 4lb (東レ)

ルアー:ヤマミミズ (ゲーリー)

カラー:ワカサギ

フック:スーペリオMⅡフック(エンジン)

 

〈ダウンショット 1/16oz〉

ロッド:エイシス 68SULP+J (フェンウィック)

リール:18 フリームス LT2000S(ダイワ)

ライン: R18 フロロリミテッド 3lb (シーガー)

ルアー:レッグワーム 2.5インチ (ゲーリー)  

カラー:#231 ファンタグレープ/スモールグリーンフレーク

フック:ダブルエッジ1/0 (リューギ)

 

〈ペンシルベイト〉

ロッド:レバンテ F3-66LV (メガバス)

リール:タトゥーラSVTW 103SH (ダイワ)

ライン: バスX ナイロン 10lb (ダイワ)

ルアー:サミー65 (ラッキークラフト)

カラー:チャートリュースシャッド

8/16 片倉ダム シェード軽視

色々あった7月

海外出張に行ってコロナという流行り物のお土産を持ち帰えり家庭内感染を巻き起こしてしまい

 

お盆前にようやく落ち着きを取り戻しました

 

久しぶりの釣りは仙台から東京に戻ってきていたスピナベさんと自宅近辺の河川&水路へ短時間釣行へ

私がポイントを案内する形でしたが、自分はもちろんのこと、スピナベさんも凸らせてしまいました

 

とにかく流れが悪い

 

今回は久々の片倉ダム釣行

気が向くままにルアーを投げ倒して乱獲する野望とともに笹川ボートへ

 

 

フィールドコンディション

最高気温 33℃、最低気温 28℃

風速8メートルの爆風有り

3日前に台風8号通過で濁りも有り

水温は出船時は25℃台、日中は27℃台といった感じ

 

ちなみにこの日は中潮


f:id:tukinukeroman:20220817215515j:image


f:id:tukinukeroman:20220817215521j:image

 

実釣

前情報では結構渋くなってきてる模様

昨年の晩夏の経験を元に、きっとレンジが下がってシャローで釣れなくなってきてるだけだと断定。深めのレンジの地形変化でいい釣りしてやろうと思ってました

 

気合十分で珍しく5時半オンタイム出船


f:id:tukinukeroman:20220817220832j:image

朝イチは本湖の実績ブレイクエリアにディープクランク投入

 

ジグで釣りたいという野望もあったのでジグも投入

 

橋脚にメタルジグも投げてみるがいずれも反応なし

 

バス釣りはそんなに簡単ではないことを少し思い出す

 

大きく移動してチョウシグチ、トンネル南へ

キャロ、ディープクランクを時間をかけてしつこく通してみるも全然何もなし

 

そろそろ魚に触りたくなってダウンショット投入するもそう簡単に釣れてくれるわけもなく

 

 

水質があまり良くなさそうなので本湖方面に戻ってみることに

 

 

そしてようやくウィードが絡む道路跡にダウンショットで魚を掛ける

 

 

30近いバスだったので堅実にネットでランディングしようとネットに手を伸ばしますが、釣れなさすぎてネットになぜかタックルボックスが収納されている状態

 

慌ててネット内のタックルボックスを退かしす作業に気を取られる間にエラ洗いを見舞われフックオフ…

 

 

準備不足の極み

ダサすぎる…

 

 

失意とともに本湖の別のポイントへ

シェードが掛かっているバンク際にダウンショットを落としていくと重みが加わり、ラインが走る

 

見えた魚影は40はありそうなグッサイ

ドラグを鳴らしながらバラさないようにテンションをしっかりかけて対応

 

 

したつもりでしたがラインブレイク…

脳内では完全にルクレールの雄叫び(F1ネタ)が再生されました

 

 

気持ちをへし折られながら日陰になっている沢へ逃げ込み傷心モードでトボトボと撃って

 


f:id:tukinukeroman:20220819082738j:image

慰めのコバッチィキャッチ

 

ドラマフィッシュが釣れる日でないことを悟り、心も折れて久々の釣りは早々に退散するヘタレフィッシングになってしまいました

 

夏のシェードを軽視して慣れない釣りでプライムタイムを棒に振ってしまったなーと嘆きながら帰るハメに

 

 

近いうちに気持ち新たにまたリベンジしたいと思います…

 

タックルデータ

ロッド:リンクス 61SULJ(フェンウィック)

リール:20 ヴァンフォード C2000S(シマノ)

ライン: アブソルートMG FC 3lb (バリバス)

ルアー:ミートヘッド3インチ (ZBC)

カラー:ウォーターメロンシャッド

リグ:ダウンショット3/32oz

7/3 綾瀬川 シーバスの虜になりまして

先日まさかのシーバスキャッチで味を占めてまた綾瀬川

 

前回はクランクを中心にタックルボックスに詰め込んでましたが、今回はシーバスも狙う意図でX80Jrも忍ばせて行きました

 

朝5時半釣り開始

嫁と娘が起きるまでの短時間釣行

f:id:tukinukeroman:20220703233858j:image

満潮の潮止まりまでが勝負でしょうか

 

まずは前回釣れた橋脚へ

前回実績ルアーのOGT4から始めますが、そう簡単には釣れず早速X80Jrを投入

 

しかし釣れませんでした

 

移動して気になっていた川が湾曲する水中護岸エリアをハンチやディープリトルNなどでテクトロしてみるも水が死んでるようで異常なし

 

 

新規の橋脚にX80Jrでエントリー

岸際をジャーキングしているとググンッという生命感

 

今回はバスかな?と思いましたが、前回よりやや小ぶりなシーバスさん登場

 

前回同様、度重なるエラ洗いに遭いながらもなんとかランディング


f:id:tukinukeroman:20220703211055j:image

18:15 40cm程度のシーバス

綾瀬川の好感度急騰中

 

X80Jrに連チャンしないので

OGT4にルアーチェンジ

 

数投して再び反応あり


f:id:tukinukeroman:20220703233400j:image

18:28 1本目から大幅にサイズダウンとなりましたがスモールが釣れました(20cmちょい)

 

その後、調子に乗ってしつこく粘ってみましたが追加ならず

 

 

最後に新たなポイントの探索をして納竿となりました

 

短時間釣行(5:30〜7:30)でしたが、シーバス、バス両方釣れて満足な釣行となりました

 

 

タックルデータ

ロッド:レバンテ F3-66LV (メガバス)

リール:タトゥーラSVTW 103SH (ダイワ)

ライン: バスX ナイロン 10lb (ダイワ)

ルアー1:X80Jr SW (メガバス)

カラー:ホットイワシ

ルアー2:OG Tiny 4 (ラパラ)

カラー:ルートビアクローダッド