of the bass, by the bass, for the bass

とあるバサーがつきぬけるまでのブログ

11/4 佐久間ダム(MKカップ第4戦)

11月4日(日) 佐久間ダム 8時30分~17時

 

 

スピナベさんとのタイマンシリーズの4戦目

ここまで3戦全敗という悲惨な状況で、地力の差が違うことをひしひしと感じておりますが、またしてもスピナベさんと釣り対決を行うことに

 

 

今回の舞台は佐久間ダム


f:id:tukinukeroman:20181105123138j:image

 

千葉県にある歩いて回れる規模の小規模ダムで、今回はここでおかっぱり対決

 

 

【ルール】

キーパー20cm以上

3尾の全長勝負

ポイント移動は自由でお昼休憩時に集合して中間報告

 

 

8時30分

釣り開始

スピナベさんは上流方面へ

自分は駐車場~下流側の奥まったワンド方面へラトリンログでとりあえず流していくことに

 

 

開始して15分ほど

奥まったワンドっぽいところで小さなスピナベにチェンジして数投

 

 

足元のレイダウンからガボッ!

 

 


f:id:tukinukeroman:20181105124024j:image

 

おったな~

28cm

 

 

 

同様のパターンでまたガボッ!

 

 

しかし、これは乗らず

 

 

 

カットテールのノーシンカーでフォローしてやると…

 

 

 

ガボッ!

(ラインにアタリ出ただけだけどね笑)

 


f:id:tukinukeroman:20181105124324j:image

 

おったな~笑

ギリギリキーパーの21cm

サイズは小さいものの、珍しく幸先がよい

 

 

 

当初は深場に着いてることを想定していたものの、案外シャローのカバーに着いてるみたいなので、引き続きスピナベをレイダウンや枯れ草にガンガン当てながらキープキャスティン

 

 

 

やがて我がスピナベ、マイクロポンドマジックの元気がなくなり

 


f:id:tukinukeroman:20181105124632j:image

 

こんな姿になってました!笑

 

 

ちなみに元はこれね

 

オフト(OFT) ルアー ブーヤー マイクロポンドマジック 1/8oz BYMPM18-714

オフト(OFT) ルアー ブーヤー マイクロポンドマジック 1/8oz BYMPM18-714

 

 

試しにデラクーのブレードを付けてみたものの、くるくる回って使い物にならん!

というわけで名誉の負傷により、マイクロポンドマジックさん降板

 

 

レイダウンに引っ掛けてモコリークローのテキサスでのチョーチン作戦にスローダウンしてみることに

 

 

一度だけフラフラとバスが興味を示し泳いで来ましたが、注視の後にスルー

 

 

 

その後、カットテール様に頼ってみたり、Dゾーン先生にスイムしてもらいましたが反応は得られず

 

 

開始早々の連発劇はフィーディングタイムだったのでしょうか、とりあえず移動

 

 

上流側の良さげなポイントをサクッと撃っていきますが反応なく、午前の部終了

午前中にリミット揃えられず…

 

 

12時30分

若干期待しつつの中間発表

 

スピナベさんの午前中はデラクーによる21cm1本のみ!

 

つきぬけろマンまさかのリードする展開!

 

 

追うことは数知れず、追われることに慣れてない私は心中穏やかではありませんが、まずは歓喜

 

 

いずれにせよ、午後最低もう1本釣っておかないと逆転されることは容易に想像できるので、引き続き頑張らねば

 

 

とりあえず道の駅にお昼へ

 

 

 

午後は再び佐久間ダムに戻る予定でしたが、近くによく釣れる池があるので、午後は一旦癒しの野池へ(釣果はノーカンで笑)

 

 

午後2時

 

癒しの野池で癒しの時間

 


f:id:tukinukeroman:20181105130618j:image

以前、ここで無双したデラクーちゃんを投げるとあっさり釣れた

 

他でも釣れるのかなと思い、フィネスよりのバイブ?としてレベルバイブブーストを投入

 


f:id:tukinukeroman:20181105130847j:image

 


f:id:tukinukeroman:20181105130903j:image

 

これでかれこれ4本ぐらい20cmバスが釣れた

どうやらなんでもいいみたいです笑

 

 

 

となれば大きめのバイブならどうかと実験的にスプロのアルクシャッドのデカイのを投入

 

サイズアップを期待しつつ…

 

 


f:id:tukinukeroman:20181105131058j:image

 

変わらんかったー笑

ほんまになんでもいいみたいです笑

 

 

しかしながら、スピナベには反応イマイチだったのでなんか彼らなりにきっと好みがあるのでしょうね

 

 

とりあえず自分もスピナベさんも子バスに癒されたので、佐久間ダムへ夕マズメパワーを期待して戻ることに

 

 

 

午後3時

佐久間ダムへ舞い戻り、釣り対決再開

リードしている状態とはいえ、スピナベさんが一本30アップ釣れば逆転されるというこの上なく余裕のない状況

 

 

リミットメイク目指して、朝釣れたポイントへ

 

 

朝と同様、Dゾーン、カットテールノーシンカー、テキサスを試すも反応なし

 

 

深場に落ちたのかと思い、沖合いのブレイクを丁寧にサタンワームのキャロで探っていくもまったく反応なし

 

 

ポイントを移動し、ミノー、バイブをあちこちに投げ回すも無

 

 

 

 

ダメだ…

 

 

 

 

全然つれん!

 

 

 

そして日没…

 

 

 

 

これは結局逆転されたパターンだなーと悔しがりつつ、まあ久々にスピナベで釣れたし、楽しかったからいいか

なんてポジ要素を考えながら駐車場へ笑

 

 

 

午後5時

 

MKカップ第4戦佐久間ダム 結果発表

 

 

 

 

つきぬけろマン 2本 49cm (28、21)

スピナベさん  1本 21cm (21)

 

 

 

 

 

!!

 

 

 

 

やった!勝った!!初勝利!!笑

無謀な戦いも挑み続けるものですね

 

 

どうやら夕マズメ、スピナベさんは40近いのをバラしてたみたいなのでそれ釣られてたら終了だったので、紙一重の差だったというか運がよかったといいますか、とにかく勝てたみたいでよかったです

 

 

 

サンキュー佐久間バス

フォーエバー佐久間バス

 


f:id:tukinukeroman:20181105151819j:image

 

 

タックルデータ

ロッド:17 エアエッジ 682ML+S-E(ダイワ)

リール:14 カルディア 25006H(ダイワ)

ライン:ルアーPE 0.8号(東レ)

リーダー:バスX 10lb(ダイワ)

ルアー:マイクロポンドマジック(ブーヤー)

    #Locust

 

ロッド:ブレイゾン632LS (ダイワ)

リール:18 フリームス 2000S (ダイワ)

ライン:フィネスブレイブZ 4lb (ダイワ)

ルアー:カットテール 4インチ (ゲーリーヤマモト)   

             #アオテナガ

リグ:ノーシンカー 

フック:ダブルエッジ #1/0 (リューギ)

 

 

MK杯2018戦績

第1戦   7/7 亀山湖(ボート) 103-126 ●

第2戦 9/29 三島湖(ボート)   27-100 ● 

第3戦 10/7 霞水系(おかっぱり) 0-21 ●

第4戦 11/4 佐久間ダム(おかっぱり) 49-21 ○

 

10/7 霞ヶ浦おかっぱり(MK杯第3戦)

10月7日(日) 霞水系おかっぱり 6時~17時

 

 

スピナベさんとの月に一度の対決シリーズ

今回はシリーズ初のおかっぱり

そして舞台も房総リザーバーから離れて霞水系での実施

 

 

霞ヶ水系はめちゃムズのイメージがあり、厳しい戦いになるだろうとは思ってましたが…

 

 


f:id:tukinukeroman:20181008104556j:image

 

台風が近かったこともあり、到着時点でこの荒れよう

 

今日はまともに釣りが出来るのか?そんな疑念を抱きながら釣り開始

 

 

【おかっぱり対決ルール】

キーパー20cm以上

3尾の全長勝負

前半2時間、後半3時間(昼休憩1時間除く)ごとに運転を交代してポイント選択する

 

【勝者の権利】

勝者は敗者のタックルボックスからルアーを1つもらえる権利が得られる

 

 

 

まずはスピナベさんのターン

こんな大荒れの状態ですが、ベイトが押し寄せられるという考えから行方方面の風表を撃っていくことに

 

 

自分はビッグミノーでランガンしますが、異常なし

 

 

風表が厳しいため風裏にシフトしますが、反応得られず運転交代

 

 

 

 

自分のターンでは桜川近くの水路へ

 

 

見えバスはちらほら見えますが天才君たちでライトリグを投入するも手も足しもで出ず…

移動で時間を使ってしまい、自分のターンはこの1ポイントで終了

 

 

 

 

 

次にスピナベさんターンで向かったのは稲敷あたりの流入河川

 

 

 

いくつか回るもお互い得られる反応はギルバイトのみ

 

 

 

厳しい時間が続きスピナベさんターン終了直前

 

 


f:id:tukinukeroman:20181008131612j:image

 

またしてもやられました(ToT)

ノンキーであることを願いましたが、21cmのギリギリキーパー

 

 

スピナベさんが貴重な1尾を追加

 

 

 

その後、少し粘って自分もこのポイントでクラーケンJrのバックスライドピックアップ時にグッドサイズが出たのですが、ノらず…

 

 

 

 

移動を決意

 

 

 

ランチ後、牛堀に行くとなんかしらの大会開催中で人だらけ

 

 

 

パスして常陸利根川中流域へ

 

 

 

ここではバイブレーションに鯉の鱗が釣れたのみ

 

 

 

その後、鰐川のテトラ帯を覗きに行くも異常なし

 


f:id:tukinukeroman:20181008132411j:image

 

発見出来たのはグッドサイズのカマキリのみ

 

 

 

最後は前川に勝負をかけるも…

 

 

 

 

ナッシング!

 

 

ゲームセット!!

 

 

 

終結

スピナベさん 1尾 21cm

つきぬけろマン 0尾 0cm

 

 

これまでの対決で一番のロースコアな戦いとなり、またしても苦汁をなめる結果に(ToT)

 

 

これで3連敗…

 

 

私としての感想は、

精神と時の部屋で修行がしたい

そして霞ヶ浦おかっぱりは難しすぎた

 

 

そんなとこでしょうか

いつか勝利報告できるようこれからも頑張りたいと思います(  ̄▽ ̄)

 

てかまずは魚釣らないとね笑

 

 

MK杯2018戦績

第1戦   7/7 亀山湖(ボート) 103-126 負け

第2戦 9/29 三島湖(ボート)   27-100 負け 

第3戦 10/7 霞水系(おかっぱり) 0-21 負け

 

 

 

 

9/29 三島湖 釣り対決(MK杯第2戦)

9月29日 三島湖ボート 7時~17時

 

スピナベさんとバス釣り対決をしにまた新たな房総リザーバーへ

 


f:id:tukinukeroman:20180930143813j:image

 

バスフィッシング 三島湖 石井

 

今回の舞台はここ三島湖

スピナベさんとのタイマン対決はこれで二度目

名前をお互いの頭文字をとってMK杯と名付けました

ほんとは先日の河口湖も釣り対決にする予定でしたが、悪天候でまともに釣りが出来ずに仕切り直しに

 

 

当初はハードルアー縛りなどの特別ルールを追加する案もあったんですが、ここ最近の三島湖の情報を調べたところかなり厳しい模様

 

ボート屋情報では3匹釣れれば上出来とのことで、かなり厳しそー笑

 

 

お互い初場所ということで特別ルールはなしの通常ルールで実施することに

 

<ルール>

キーパー20cm以上

3尾の全長勝負

操船は2時間交代で適当に調整笑

 

 

 

 

ということで

まずは自分の操船でいざ出船

 

 

まずは石井ボート桟橋周辺から

 

 

自分はまずはポッパーをポコポコ

 

 

泡が消えない…

なるほど水質がう○ちということですね

 

 

早々にトップをやめて中層系のルアーにシフトしていくことに

 

 

そんな私よりも先に状況をいち早く見極めていたのか、スピナベさん得意のミドストで

 


f:id:tukinukeroman:20180930153350j:image

 

34cm

相変わらずの先制パンチをかましてくるスピナベさん、もはや最近はミドストさんと呼ぶべきなのかもしれませんがお見事

 

 

その後、上流方面へボートを一旦向けて行こうとしますがスピナベさん立て続けに今度はシャッドで


f:id:tukinukeroman:20180930153852j:image

 

スピーディーな釣りで2本目

同じく34cm

 

 

自分はディープクランクをT並木流にロッドを立てて中層を泳がすという手法を試していましたが反応なし

 

 

やはりT並木のようにはいきませんね笑

 

 

その後はいずれにしても行きたかった上流方面へ

 

 

道中ようやく自分のクランクにもバイトは得られましたが、キャッチならず

 

 

 

そして上流到着

減水が凄まじく、思ったよりすぐに上流到着笑

 

約8メートルの減水ですって笑

 

 

 

そして魚影は薄いみたい

水温が低いんですかね?

 

 

そんなわけで操船交代

 

 

 

再び桟橋方面へ戻り、今度はともゑボートの桟橋近くまで下りますが、この間両者まったくバイトなし

 

 

朝一の感じ的には意外といけるのでは?っと思ってましたが、やはりそんなに甘くなかったようでその後は厳しい戦いに

 

 

お昼過ぎ頃、なりふり構ってられない自分は操船交代とともに鬼フィネス作戦(ドライブクロー2インチのダウンショット)にシフト

 

 

 

スピナベさんのスピーディーなエレキワークとは対象的に、自分の操船ではスローダウンして一気にネチネチ

 

 

 

そして最下流部でようやく

 


f:id:tukinukeroman:20180930155306j:image

 

27cm

とりあえず三島湖初バス

 

 

どうやらスローダウンしたネチネチ作戦は悪くなかったようで、続けて25cmくらいのがヒット

 

 

しかしこれをジャンプ一発バラシ

まずはリミットを揃えにかかりたい自分としては痛いミス

 

 

その後も何度かバイトを得るもののキャッチには至らず

 

 

これを見てついにスピナベさんもダウンショットをリグるという状況は生まれますが、その後バスがボートにランディングされることなく最後の操船交代

 

 

 

スピナベさんは再び上流方面へボートを向けますが、秋のバスの居場所を掴めず珍しく弱気な様子

 

 

これまで常にリミットを揃えてくるスピナベさんですが、このままいけば自分が40up一本出せればワンチャン逆転あるのでは?

 

 

そんな状況の中、ラスト1時間で雨が本降りに

それが作用してかボイル発生

 

 

生命感が出てきたところで

 

スピナベさんがバズベイト→チェイス確認→フォローのライトリグで3本目キャッチ(28cm)

 

 

自分はこのタイミングでライントラブルで貴重なフィーディングタイムを活かせず…(ToT)

 

 

最後にダメ押しの1本をマイラーミノーでキャッチされて入れ替え成功でゲームセット…

 

 

終結

スピナベさん 3尾100cm(34、32、32、28)

つきぬけろマン 1尾27cm

 

 

安定の敗北笑

釣りがうまくなりたい…

ただただその思いです笑

 

 

その後はボート屋に戻って釣果報告

釣れたという情報は自分たち含め6人で複数本釣れたのはスピナベさんともう1人だけでスピナベさんは2番手だった模様

 

案外頑張った方だったみたいで嬉しかったのと同時に相当厳しいこともわかりました笑

 

これから三島湖に行かれる方はお気をつけください笑

 


f:id:tukinukeroman:20180930163236j:image

 

ちなみに三島湖に行かれる際は是非石井ボートへ

 

利用すると生卵がもらえます

早速卵かけご飯で頂きまして、濃厚で美味しかったので是非!←何の宣伝や笑

 

タックルデータ

ロッド:ブレイゾン632LS (ダイワ)

リール:18 フリームス 2000S (ダイワ)

ライン:フィネスブレイブZ 4lb (ダイワ)

ルアー:ドライブクロー 2インチ (OSP)   

             #ダッピクロー

リグ:ダウンショット 1/16oz 

フック:ホビット #3 (リューギ)

 

 

MK杯2018

第1戦   7/7 亀山湖(ボート) 103-126 負け

第2戦 9/29 三島湖(ボート)   27-100 負け 

 

9/9 初河口湖 死ぬかと思った笑

9月9日 河口湖  7時~15時

 

 

出張やらなにやらで更新が遅くなりましたが、レギュラーメンバーのスピナベさんと河口湖へ

 

仕事で来たことはあれど、釣りはしたことがなかった河口湖へいざ降臨いたしました

 

 

 


f:id:tukinukeroman:20180910213909j:image

 

今回はさかなやボートさんから出船

ボート屋のおじさんに軽い気持ちで、「最近どうですか?」と尋ねると、

 

 

首を横に振られました笑

 

 

ガイドさんはいいサイズ釣って帰ってくるみたいですが、一般アングラーの釣果は芳しくない模様

 

 

 

情報収集というのも考えもんですね

 

聞かなかったことにして出船です笑

 

 

 

スピナベさんは船舶免許保有をしてる超絶イケメンなので、エンジン船でかっ飛ばします

 

 


f:id:tukinukeroman:20180910214402j:image

 

爽快、

そしてビューティホー

 

富嶽三十六景みたい(誰が描いたんでしたっけ?笑)

 

 

 

釣果うんぬんの前に景色が気持ち良いです

 

 

 

 

が…

 

 

 

 

ボート揺れまくりです(T-T)

 

 

 

 

そうです、この日強風です

 

 

 

 

とりあえず逃げるように風裏へ

 

 

 

 

西湖からの流れ込みもある良さげなポイントに到着

 

 

おかっぱりアングラーに気を使いながらエントリー

 

 

 

 

シャッド、ビッグベイトに反応なく、ポークマンを襲名してみます

 

 

 

 

 

するとすぐに答えが返ってきました

 

 


f:id:tukinukeroman:20180910215635j:image

 

ナイスワンだね

 

 

 

 

 

移動

 

 

 

 

うの島周辺のシャローをトライするも、風に加えて水上スキーなどのレジャーマン達により波はより一層激しくなり、釣りどころではない状態に…

 

 

 

 

恐怖のあまりスピナベさんに帰着を提案

 

 

ボートをエンジョイしていたスピナベさんもさすがに同意して、さかなやボート桟橋を目指すことに

 

 

 

 

しかし、デイタイムになるにつれ水上スキーやらがどんどん湧いて来て波は凄まじさを増す一方

 

 

必死で帰着を目指す我々の小さなアルミボートはいつ転覆してもおかしくない状況…

 

 

 

 

泳げない自分 with 安物のライフジャケット

 

 

 

 

本気で死を覚悟しました笑

 

 

 

 

結局なんとか風裏かつレジャーボートの侵入してこないエリアに入り込めたので、桟橋までまだ半分ぐらいあるがここで小休止

 

 

 

風が収まるのを釣りしながら待つことに

 


f:id:tukinukeroman:20180911132303j:image

スピナベさんがトラウトガムのジグヘッド?であっさりバスゲット

 

 


f:id:tukinukeroman:20180911132406j:image

 

ポークマンこと私もダウンショットで負けじとコバッチーゲット笑

 

 

 

 

とりあえずお互いバスを釣ったところで、小休止終了

 

荒波の中桟橋まで再び目指すことに

 

 

 

途中良さげなポイントを発見し、2投してみたものの、波がやはりえげつないので、釣り続行不可という決断に達し、再び桟橋を目指すことに

 

 

 

いつ転覆してもおかしくない極限の状況の中、なんとかさかなやボートに帰着

 

 

 

ガイドの方たちも釣りを中止して戻ってきてたようで、自分たちの判断は大袈裟ではなかったみたい

 

 

こういう的確な状況判断というのも釣り人として大切ですよね

そういい聞かせて不完全燃焼ながら、河口湖ボートは終了

 

 

ま、ほんとに生きて帰れてよかった…

とりあえずその一言に尽きます笑

 

 

 

 

そして帰着後はお昼を食べておかっぱりへ

 


f:id:tukinukeroman:20180915172027j:image

 

と、その前に有名ショップ・キャリルへ

 

 

沢村さんは不在でしたが、見たことないサワムラブランドのルアーとか廃盤のアンクルジョッショのポークとかありました

 

 

お昼はボート屋も経営している湖波でわかさぎを食らい、河口湖を堪能しておかっぱりへ

 

 

 

そしてロイヤルワンド近辺にて早々

 


f:id:tukinukeroman:20180915201921j:image

 

へいへいへいへい(T並木風)

言うてたらナイスワン

 

 

 

 

移動してサイトで

 


f:id:tukinukeroman:20180915202218j:image

 

追加して少し早めに本日は終了

 

 

釣果

つきぬけろマン 2ギル2バス

スピナベさん  1バス

 

珍しく自分の方が釣れた♪

ポーク様々ですな笑

 

 

ではまた

 

 

タックルデータ

ロッド:ブレイゾン 632LS (ダイワ)

リール:18 フリームス 2000S (ダイワ)

ライン:フィネスブレイブ 4lb (ダイワ)

ルアー:ポークイモムシ (GENKI)  

          #スモーク

リグ:ダウンショット 1/16~3/32oz

 


f:id:tukinukeroman:20180915203818j:image

 

PS トンボがおそらくハレンチなことしてました

9/1 バサーオールスタークラシック?@亀山

9月1日(土) 亀山湖(ボート)

 

今回はもはやレギュラーのスピナベさんとその知り合いの合計4人で亀山へ

 

 

とここまでは普通なんですが、そのスピナベさんの知り合いが有名人らしく、歌手1名、モデル1名…

 

 

 

え?でしょ?笑

私自身も、え?です笑

 

 

 

歌手1名、そして歌手の知り合いのモデル1名、その歌手のファン(スピナベさん)1名、そしてスピナベさんの釣り仲間(わい)1名という構図で出来上がった今回の釣り

 

バラエティ豊かなこのメンバーということでバサーオールスタークラシックととりあえず命名してみました笑

 

 

そして例のごとく釣り対決(勝てる気しねー笑)をすることに

 

今回は匹数ではなく、最大サイズ(全長)で勝負

 

 

歌手&モデルペア(バラエティ番組みたい)とスピナベさん&私のペアでトキタボートから出船

 


f:id:tukinukeroman:20180902164603j:image

 

 

とりあえず午前中は本湖のフィーディングエリア~笹川方面に流していくことに

 

 

するとスピナベさんが本湖のフィーディングエリアでマイラーミノーのミドストでサクッとゲット

 


f:id:tukinukeroman:20180902165027j:image

 

31cmのナイスワン

まずは32cmが目標となるわけですね、はい

 

 

 

ちなみに歌手&モデルペアの釣果はお昼休憩時に中間発表となるので、もしかしたら既に50upとか釣れていれば知らない間にコールドゲームになってる可能性もありますが笑

 

 

私の方は朝一はペンシルを高速ドッグウォーク、要所でHPミノーのノーシンカー、移動時はディープクランクのドラッギングという三本柱でやっていきまして

 

 

途中ディープクランクにガツン!ググッ!というのがありましたが、3秒ぐらいで生命反応が途絶えました笑

 

 

その後はHPミノーでギル&子バスに遊ばれながら笹川方面上流まで到着

 

 

途中スピナベさんが野良蛙で一本追加しますが、入れ替えならず

 

 

折り返してからはギルベイト、ポッパー、クランク、フロッグ、フリーリグなんかを色々と試すも特に何のフィードバックもなく前半戦終了

 

 

お昼休憩

 

お昼はモデルさんの差し入れで焼きそば弁当を頂きました


f:id:tukinukeroman:20180902170759j:image

 

はじめて食べましたが、UFOとかと比べて軽い感じでグッドでした!

 

 

そして気になる中間発表!

スピナベさん 31cm

歌手さん   25cm

モデルさん   0cm

わい      0cm

 

 

なんというか、ホッとした笑(最下位だが)

どうやら他のアングラーとかに聞いてもそんなに釣れてないみたいで意外と渋い模様

 

 

歌手さんはシャッドで釣ったみたいで、どうやらハードルアー中心でやってる模様

モデルさんはドライブシャッドでいいのをバラしてしまった模様

 

 

 

 

うん、内容的にも自分が最下位だね笑

 

 

 

強い危機感とともに後半戦へ

 

 

そしてトキタボート近くでまたすぐに

 


f:id:tukinukeroman:20180902171857j:image

 

シャッドで追加

スピナベさんはここで何か確信めいたものを見つけたようで立て続けに

 

 


f:id:tukinukeroman:20180902172039j:image

 

次はまたミドストでゲット

33cmでサイズアップに成功

 

 

 

何か見つけたスピナベさん

何も見えない私

 

 

 

 

勝負ありです笑

 

 

 

 

 

とはいえ色々試してみるもので

 

 

 

ドライブスティックのバックスライドを岩盤に沿って落としながら流していくとのむらボート対岸近くでようやく

 


f:id:tukinukeroman:20180902172717j:image

 

31cm

 

 

ふぅ…、とりあえず釣れてよかった笑(負けてるけどね)

 

 

 

そして夕マヅメにサイズアップを目指して折木沢のバックウォーターを目指すことにしたもののまさかのエレキのバッテリー疲弊により、加速不可の状態に…

 

 

途中で断念してつばきもと周辺で粘ることに

バイトはちょくちょくあるものの両者キャッチ出来ずにタイムアップ

 

 

 

歌手&モデルペアの結果次第ではスピナベさんも怪しい状況でトキタボートに帰着

 

 

果たしてスピナベさんの運命はいかに!!

(ここで自分の敗退が決まってて主役がブログ執筆者になっていないことが恥ずかしい限りです笑)

 

 

終結

スピナベさん 33cm(4本)

わい     31cm(1本)

 

歌手さん   25cm(1本)

モデルさん    0cm

 

 

歌手さんはシャッドでいいサイズを午後もかけたみたいですが、ジャンプでばらしてしまった模様

 

キャッチされてたら逆転優勝の可能性もあったと考えるとサイズ対決はおもしろいですね

 

 

何はともあれ

スピナベさん優勝!!パチパチパチ~

勝者には各自持ちよった1000円以内の製品を贈呈

 


f:id:tukinukeroman:20180902173700j:image

 

歌手さんからはレインズのポーチ

モデルさんからはOSPの新製品3Dワッキー

わいからは道楽箱高槻店のオリジナル商品のフェザージグ

 

がそれぞれ贈られました

 

 

スピナベさんおめでとう!

 

 

 

タックルデータ

ロッド:17 エアエッジ 682ML+S-E(ダイワ)

リール:14 カルディア 25006H(ダイワ)

ライン:ルアーPE 0.8号(東レ)

リーダー:モンスターブレイブ 10lb(ダイワ)

ルアー:ドライブスティック 3.5インチ(OSP)

    #ゴーストハス

リグ:バックスライドセッティング

   1/32ozネイルシンカー


f:id:tukinukeroman:20180902180902j:image

 

 

次回予告

来週またスピナベさんと河口湖で対戦します

リベンジなるか!?笑←(既に笑てますが)

8/16 琵琶湖ナイト

8月16日(木) 琵琶湖 22時~25時

 

 

前回の一庫ダムで打ちのめされたぼんどんさんと夜の琵琶湖へ

 

 

昨今の琵琶湖事情はよくわからんということで、ぼんどんさんは一庫に続き今回は私のガイドをするはめになりました笑

 

 


f:id:tukinukeroman:20180817141145j:image

 

ぼんどんさんの愛車を走らせること1時間

 

 

 

最初のポイントに到着

 

小規模流入河川というか水路というか、そんな場所

 

 

早速釣り開始

 

ぼんどんさんはネコリグで丁寧に

 

私はバズベイトでアバウトに

 

それぞれ攻めていきます

 

 

反応がないので、マイブームのサブサーフェスクランクにチェンジ

 

 

早巻きして2投目か3投目

 

 

 

グリグリグリ…

 

 

モターッ

 

 

ウィードか、(見えてない)

 

 

 

グリグリグリ…

 

 

モターッ

 

 

ウィードか、

 

 

 

グリグリグリ…

 

 

 

ブウォンン!!!(水面出切らない感じ)

 

 

 

 

 

まじか笑

 

 

 

そこから凄い重みと引き

 

 

 

なんとかファイトに耐えながら岸まで寄せたところでぼんどんさん到着

 

 

ヘッドライトで照らしてもらい(当方ヘッドライト未所持のため)、無事ハンドランディング成功

 


f:id:tukinukeroman:20180817143111j:image

 

48cmのナイスフィッシュ

夢の50upには届きませんでしたが、日本では自己最高記録

 

 

圧倒的満足感に浸りながらポイント移動

 

 

次はいわゆる内湖

 

 

ここはぼんどんさんのフェイバリットスポット

 

 

一級ポイントを譲り、周辺のカバーをファットイカで撃っていきますが反応なし

 

 

するとぼんどんさんバイトを得た模様

 

しかし、針が伸ばされバレた模様

 

 

一旦そのポイントを休めるということで他のポイントへ移動

 

 

 

 

 

 

 

先ほど休めたポイントにただいまー

 

 

ぼんどんさんは先ほどのネコリグから今度はスモラバに変更してアプローチ

 

 

丁寧なルアーローテだなーと感心しているとまたしてもバラしてしまったみたい…

 

 

 

今日は彼が持ってない日なのだろう

 

 

その後、再び休めて再アプローチを繰り返しましたが反応なく

 

 

 

私の方もその後特筆すべき事象は起こらず

 

 

 

午前1時納竿となりました

 

 

ぼんどんさんのガイド力が凄まじいことを身を持って知る結果になりました笑

 

 

 

 

しかし50cmの壁はやっぱり厚い

毎度毎度あと数cmやのに…

 

 

引き続き頑張ろう!おれ!

 

 

サンキュー琵琶湖

フォーエバーワンマイナス

 


f:id:tukinukeroman:20180817145223j:image

 

 

タックルデータ

ロッド:FVR 60CML-2J (フェンウィック)

リール:アンタレスAR (シマノ)

ライン:バスX ナイロン 10lb (ダイワ)

ルアー:ベビーワンマイナス  (マンズ) 

          #ファイアーシャッド

 

8/13 一庫ダム ガイド対決

8月13日(月) 一庫ダム ボート

 

 

夏休みで大阪に帰省

毎年恒例のぼんどんさんとのバス釣り対決

今回はビギナーの友人を1人交えての釣行になりましたので、午前、午後で交代して友人をガイドすることになりました

 

 

一応対決ルールは下記のとおり

 

私とぼんどんさんの船の釣果で競います

私とぼんどんさんはキーパー25cm

ビギナーの友人は20cm

そして友人の釣った魚は実際のサイズ+5cmのガイド加点

そして一庫に生息すると言われているスモールが釣れた場合はさらに+5cm

 

少しややこしいですが、こんな感じです

 

 

そしてガイドの順番は前半が私、後半がぼんどんさんということになりました

 

 


f:id:tukinukeroman:20180813192719j:image

 

各自スロープへ

 

 

 

そしてガイド開始

 

スロープ出てすぐ下流の立木にカットテールのノーシンカーのキャストを指示

 

 

するとまもなく

 

 


f:id:tukinukeroman:20180813194850j:image

 

やりよったで

36cmのグッドサイズ

 

ガイドボーナスの+5cmで41cmの計算

 

 

幸先よいなーなんて喜んでいたのも束の間

 

 

ぼんどんさんがジャスト40cmを揚げたとの情報が入りまして、試合は振り出しに

 

 

私は次戦のスピナベさんとの河口湖対決も見据えてハードルアー縛りで釣りを展開

 

 

そしてフローティングミノーで

 


f:id:tukinukeroman:20180813195614j:image

 

ノンキー(泣)

 

 

 

 

船長として釣果に貢献できない中、ぼんどんさんがサタンワームのダウンショットで31、30cmを着実に追加して早々にリミットメイク

 

 

 

一方つきぬけろマン艇はその後反応なし

 

 

 

 

日が昇り、なかなかハードルアーでは厳しい展開に

 

 

 

 

ガイドとして友人にダウンショットをしてもらうも反応なし

 

 

 

そんなこんなで前半戦終了

 

 

 

 

友人をぼんどん艇に引き継いで後半戦突入

 

 

 

そしてぼんどん艇で早々に友人が釣れた模様

30cmにガイドボーナス+5cmで35cmで入れ替えに成功した模様

 

 

 

この時点で

つきぬけろマン艇 41cm

ぼんどん艇    107cm

 

 

 

絶の望…笑

(最近この展開多いな笑)

 

 

 

相手方はダウンショットで着実に釣果を揚げる一方、勝手にハードルアー縛りをしてる自分の釣りに厳しさを感じつつダンクのドラッギングでなんとか絞り出した一本がこれ

 

 


f:id:tukinukeroman:20180814001624j:image

 

 

初めて釣れた点々がないやつ(ToT)

 

 

 

この時点で今日は持ってないことを確信

 

 

 

友人が33cmを追加してぼんどん艇の合計は113cm…

 

 

 

 

あかーん笑

もう無理やー(ToT)

 

 

 

その後、ビッグベイトに始まり、バイブのシミーフォールなど色々と試すも進展は見られず…

 

 

最後に慰めバイトがあったものの、それも一発ジャンプでバラシ

 

 

 

最後は夕立+雷に襲われゲームセット(  ̄▽ ̄)

 

 

 

終結

【つきぬけろマン艇】 41cm

つきぬけろマン ノンキー1尾、ハス1尾

友人 36cm

 

ぼんどん艇】     113cm

ぼんどんさん 40、32、31、ノンキー

友人 33、30、ノンキー×2

 

 

 

 

圧倒的敗北…

肝心の自分が釣果に全く貢献できないというね…

 

 

 

相変わらず下手くそですねー( ´-`)

 

 

 

 

 

 

釣り上手くなりたいなー

 


f:id:tukinukeroman:20180814010524j:image

 

 

でも友人との久々の釣りは楽しかったです

次は勝てるように頑張ります

 

 

おしまい

 

 

タックルデータ

ロッド:FVR 60CML-2J (フェンウィック)

リール:タトゥーラ 100H (ダイワ)

ライン:ヘビーコンタクトⅡ 12lb (ダイワ)

ルアー:ロングA 14A (ボーマー) 

             #XMBO 

 

 

ちなみに一庫ダム参考情報

 

レンタルボートについて

ボートの数自体あまり多くなく、お盆休みでしたがそこら中にボートが浮いてるような状態ではありませんでした

レンタルボート屋のリップフックさんも愛想の良いおっちゃんで感じが良かったです

 

 

ポイントについて

一庫ダムは基本的に一方通行な感じです

最奥まで行ってスロープに帰るとバッテリーを使い切ってしまうみたいなので、基本的には最奥を目指しながら良さげなポイントを撃ちつつみたいな感じになると思います

 

ポイントとしてはスロープから最初のオイルフェンスの間、もしくは最初のブクブク(行けばわかる)が良さそうな感じでした

 

あとは水通しの良さげな岬を撃つ感じです

バーを撃ったりというような感じではないので、そういう釣りが好きな人にとっては予め覚悟していく必要があると思います

 

 

釣り方は基本的に急深ブレイクの連続なので、ダウンショットなどでボトムを取りながら引いてくる感じがいいみたいです

 

 

 

トイレ事情

出発するボートスロープ一ヶ所のみですので、ご注意ください

 

 

以上、ご参考になればと思います笑