of the bass, by the bass, for the bass

とあるバサーがつきぬけるまでのブログ

バドチューン

暇なので、先日釣れたビッグバドに施していたチューニングでも書いておこうかなと

(ネットに転がってるチューニング方法を参考にしてるので、私のバドチューンにオリジナリティーなんて言葉はございません)

 


f:id:tukinukeroman:20170527165345j:image

 

まずはフック

ヒートン直付のフックをヒートンごとぶっこ抜きまして、

リューギのピアストレブル#4に交換

間にはスプリットリング#3を装着

 

リューギのフックはいいです

この前のバスもフッキング性能が良すぎてしまったのか、1つのトレブルフックでガッツリ上顎、下顎貫いてたので、バスが口を開けられない非常に可哀想な状態になってました

 

さて、次はブレード


f:id:tukinukeroman:20170527165841j:image

 

 上側にセット

スミス製のものは上側に最初付いてて、真ん中にも穴が開いてるみたいです

純ヘドン製は最初真ん中に付いてるらしい

 

 色々調べたところ、ブレードは上側に、かつブレードをペンチなどで平らにすることでよりボディとの接触が多くなるらしい

なので私はブレードはなるべく平らにしてます

 


f:id:tukinukeroman:20170527170300j:image


あとリップには板重りを貼ってます

より前傾姿勢になり、これまたブレードとボディーの接触回数が増える

 

 

以上のバドチューンを施した結果


↓この前のバス
f:id:tukinukeroman:20170527171356j:image

また味わいたい…

あの感動を…

 

 

 

ということで常識じゃね?というツッコミが入りそうなバドチューン紹介を終了します

 

 

あ、あと明日は弁慶堀大会初参戦してきます

ビッグバドでテンパウンダー狙ってきます

 

ではでは