of the bass, by the bass, for the bass

とあるバサーがつきぬけるまでのブログ

5/5 淀川、野池 なんとか一本

5月5日(金) 淀川、周辺野池 6:00~9:00

 

東京に帰る前に泣きのもう一粘りに行って来ました


f:id:tukinukeroman:20170506172046j:image

少々寝坊の後、ぼんどん氏とともにまずは前島ワンドに



 

開始早々、ぼんどん氏圧倒的な便意により一時撤退

 

 

つきぬけろマンも続けて圧倒的便意により一時撤退

 

 

前日のお酒は程々にしないといけないですね

ロッドに伝わる感覚よりもお尻に伝わる便意の方に集中してしまうので釣りになりませんでした笑

 

 

そんなわけで当然の無

 

 

そしてバサーが次々とやってきてGWのプレッシャーの高さを嫌い移動

 

 

次に五領水系にやってきますが、こちらもバサー多し

 

 

そんなわけで釣りが出来そうな周辺の野池をぼんどん氏ガイドで手当たり次第にやっていくことに

 

 

そして再び来る便意をやり過ごし、残り時間20分ぐらい

 

 

最後の野池に到着

 

 

半ば諦めかけておりましたが…

ギルに混じって30ぐらいの見えバスがちらっと一瞬見えた

 

伝家の宝刀4インチグラブを投入

バスが隠れたんじゃないかと思われる沈みタイヤの前までチョロチョロ巻いてきてフォールさせるとバスが浮いてきてあっさりパクリ

 

モグモグしているのを確認してフッキング!

完璧かつエキサイティングなフッキングではあったのですが、足場が高くてランディングにアタフタ

 

ぼんどん氏は抜けばいいというのですが、4ポンドでとても引っこ抜けそうな感じじゃなかったので、柵を乗り越えてバスの下まで行ってなんとかランディング


f:id:tukinukeroman:20170506174858j:image


f:id:tukinukeroman:20170506173259j:image

 

意外といいサイズのバスでした

腹一杯食べてそうな36センチのグッドコンディションバス

弁慶堀にあまりいないタイプのバスですね笑

 

やっぱり4ポンドで抜くのは厳しかっただろうし、悪魔の囁きに惑わされずによかった笑

 

 

とはいえ、ぼんどん氏の名ガイドによってなんとか東京に帰る前に1匹釣れた一本

感謝しなければいけない

 

 

ということでラストになんとか1匹釣れて終了

ぼんどん氏はハードルアーに拘った結果なのでしょうか?ズーボーでした

 

 

そして最後にまとまった時間での再戦を約束し、解散しました

 

 

そんなわけで大阪編はおしまいです

 

タックルデータ

Rod:ブレイゾン 632LS (ダイワ)

Reel:14 カルディア 2506H (ダイワ)

Line:バウオエクスレッド 4lb (東レ)

Lure:4インチグラブ #986 ワカサギ (ゲーリーヤマモト)